法曹用 お問い合わせ窓口

弁護士の先生へ。

当ページでは分かりやすく「弁護士」と記載しておりますが、その他の士業や法曹関係者にも協力できます。

概要

技術者 冨田圭介
実績20年以上のコンピュータ技術者が、弁護士の訴訟活動をサポートします。
裁判、調停、その他の法的な対応においてIT関連の情報や専門知識がなくて困ったことはありませんか?
  • 『準備書面の内容について専門家の意見が欲しい。』
  • 『技術的な主張に対し、どう反論するべきか・・・』
  • 『23条照会に際して対象とすべき相手、物、範囲、データ種類などをどう指定するべきか・・・』
  • 『顧問先の企業のトラブル対応において、コンピュータを調べたほうが良い気がするのだが・・・』
裁判案件も可能
担当の 冨田圭介 は、NPO法人デジタル・フォレンジック研究会への積極参加および独自研究を積み重ねてきた専門技術者です。
(参考:冨田圭介の活動日記
冨田コメント

サポート例と費用感

打ち合わせイメージ

準備書面・技術資料・法廷提出資料

費用感:税込5万5千円~22万円
先生が作成する書面のうち、技術関連の主張や説明をする部分に関して技術者が協力できます。
【例①】文書の確認、校閲、提案。
【例②】説明文の作成。
【例③】図解、参考写真等の用意。

相手側の主張書面の確認と反論提案

費用感:税込11万円~33万円
相手側の主張を確認し、技術的な誤りや疑問点などの「突っ込みどころ」を探すなど、反論文の作成に協力できます。
【例①】証拠に問題があるかどうか。
【例②】理論に欠陥があるかどうか。
【例③】解釈が不当であるかどうか。

証拠の鑑定・理論の検証

費用感:税込11万円~
警察等の法執行機関でも使用される設備を用いた鑑定や、当事者環境を模し(再現し)た上での検証実験などが可能です。
【例①】証拠の捏造・改竄を確認したいときに
【例②】主張のとおりの結果になるか検証したいときに
【例③】反論の材料を見つけたいときに

その他、ご相談下さい。

これまでに上記例の他にも、裁判所による証拠保全における補助業務や、23条照会・調査嘱託に向けた協力、本人や裁判官とのお打ち合わせへの同席など、弁護士の訴訟活動に関して様々な形で協力実績があります。
法曹用 お問い合わせ窓口