LTセキュリティ

【事務所移転】2024年1月に移転しました
東京都台東区台東1-24-2 ISM秋葉原 7階

デジタル・フォレンジック
調査費用/サービス料金

CDFP認定技術者 - 冨田圭介
DFエンジニア
冨田 圭介

デジタル・フォレンジック・プロ認定資格保有
① CDFP-B(基礎資格)
② CDFP-P(実務者資格)
20年以上の実績を持ち、民事事件だけでなく官公庁案件も対応してきた専門技術者が担当します。
遠隔操作ウイルスなどマルウェア感染の有無を確認する調査

マルウェア調査サービス

情報漏洩等の原因となるマルウェアにパソコン/スマホが感染しているか否かを調べる調査サービスです。
(補足:マルウェアとは、遠隔操作ウイルスやスパイウェア等の悪意プログラムを総称する用語です。)
◆パソコン:16万5千円~
◆スマホ :11万円~
【備考】
スマホの調査は当サイトの「お役立ち記事」でご紹介しているC&C検査をおこないます。
パソコンのマルウェアはスマホよりも種類が多種多様なため、3種類の検査を組み合わせておこないます(C&C検査、RAM検査、トリガー検査)。
圧倒的なスピードでWindowsパソコンを調べる「ファスト・フォレンジック」

Dr.セキュリティ® FFS
(ファスト・フォレンジック・シンプル)

→ 特設の詳細ページを公開しました

法人限定。最短即日で結果報告。Windowsパソコンに残る主要証跡を高速に調べるデジタル・フォレンジック調査です。
【例①】社内不正事案(情報持ち出しや横領等)の調査
【例②】マルウェア事案(従業員貸与PCや委託先PCのウイルス感染等)の調査
基本料金:22万円
(この料金内でPC3台まで同時調査可能です)
【備考】
証拠保全オプション、報告書作成オプション等もご用意しております。
通常の報告書(関係各所や個人情報保護委員会への報告に用いる報告書)のほか、裁判用の詳細な報告書の作成も可能です。
裁判向けの調査「デジタル・フォレンジック」

デジタル・フォレンジック

裁判案件や警察の犯罪捜査などで用いられる「デジタル・フォレンジック」という調査サービスです。パソコン、スマホ、サーバ、ネットワーク機器等に残る証跡を精査し、裁判所提出用の報告書を作成します。
費用目安
◆PC/スマホ:33万円~66万円
◆サーバ:66万円~132万円
◆ネットワーク(ルータ等):要見積
◆その他(IoT家電等):要見積
【備考】
事案の内容や調査対象の量など、案件ごとに調査費用は大幅に異なります。当社は「無駄を省いてコスト削減」をモットーとしておりますので、上記金額のとおり専門業者として最安クラスの料金を実現しておりますが、事案の内容によってはこの限りでないことをご了承下さい。

状況別のおすすめ

ウイルス対策アプリは何も反応しないのに、パソコン/スマホが異常動作する。
マルウェア調査がおすすめです。
ウイルス対策アプリなどセキュリティ製品を「すり抜けるタイプ」のマルウェアでも、当社のマルウェア調査ならば検出できます。
業務PCを「なる早」で調べて欲しい。速やかに関係各所へ報告する必要があるため、通常のフォレンジックのように何週間も調査結果を待っていられない。
FFS(ファストフォレンジック)がおすすめです。
当社が独自開発した調査システム「FFS」を使用し、特に重要な証跡に絞って解析すれば、最短即日で結果報告が可能です。
現在裁判中。手持ちの証拠だけでは不足しているため、パソコン等のIT機器から証拠を収集して証明したい。
デジタル・フォレンジックがおすすめです。
当社では証拠収集だけではく、弁護士の訴訟活動の補助や、法廷対応などの業務もおこなっております。
◆準備書面作成への協力
◆証拠の鑑定
◆陳述書、証人尋問への対応
◆裁判所の証拠保全執行への同行
身近な人(恋人や配偶者など)とトラブルがあり、プライバシーを覗かれているようだ。
マルウェア調査がおすすめです。
一時期に流行した監視アプリやストーカーアプリを検出できます。
また、現在では同期クラウドへの不正アクセス等でプライバシーを監視される手口も増えていますが、それもマルウェア調査のオプションで調べる事ができます。
他の調査会社に依頼したが、何もわからなかった。
デジタル・フォレンジックがおすすめです。
当社では端末だけでなくサーバ/クラウドやネットワーク機器、IoT機器などの調査にも対応しております。
有資格の専門企業ならではの強みです。

当社の特徴

デジタル・フォレンジックの機材

民間企業としては珍しい本格設備

【専用機材】
世界中の法執行機関でも採用されるフォレンジック専用機材を保有しております。
【独自ツール】
ベンダー提供のツールだけでなく、自社でフォレンジックツールや解析システムの開発もおこなっております。
特にファストフォレンジックやネットワークフォレンジックにおいては、自社製ツールを使用する機会が多いです。
ディープ・フォレンジック

より「ディープ」な調査を実現する技術力

【特殊技術】
基盤レベル/チップレベルでの調査や、データの最小構成要素である「01」(バイナリ)の分析・解析が可能です。
一般的な修理店や非専門業者では調べられないコンピュータの深層を、当社なら調べることができます。
【業界連携】
残念ながら当社にも苦手分野はあります。例えば越境事案や人海戦術的な調査など。ただし、長年の活動を通して様々な同業企業、他分野の専門企業、弁護士などとの協力関係を築いておりますので、協力業者等と連携することにより補うことが可能です。

こんなときに。

大きな専門企業から見積をもらったのだが、想定外に高額なため依頼するのを断念した。
当社では本格のフォレンジックの他に、低価格&迅速な2種類の調査サービス(マルウェア調査およびFFS)も提供しておりますので、ぜひご検討下さい。
本当のプロに調査を依頼したい。販売店、修理店、探偵社など非専門企業の調査サービスではなく、本当の専門サービスを利用したい。
当社は専門資格「CDFPシリーズ」の上位資格「CDFP-P」を保有する専門技術者が対応する、正真正銘のDF専門企業です。
他社に問い合わせたら、法人限定だったようで一般個人からの依頼を断られた。
当社は法人だけでなく個人案件にも対応しておりますのでご安心下さい。
ウイルス感染のチェックから、民事訴訟案件まで、個人のお客様における様々な事案に対応致します。